厚生年金保険法とは?

厚生年金保険法とは?

◆ 厚生年金保険法とは、労働者等被保険者の老齢、障害または死亡について保険給付を行い、そのことで、労働者およびその遺族の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的にした法律です。

 

厚生年金保険では、老齢、障害又は死亡事故により、所得の損失や減少に対して、給付を行います。

 

◆ そもそも厚生年金保険は、公的年金制度の2階部分に該当する年金制度で、企業に勤める会社員などが被保険者になります。

 

保険料(事業主と被保険者が負担)は、報酬に応じて負担する額が異なりますが、支給をうけることができる年金額も、加入期間と支払った保険料により異なります。

 

つまり、長い年月を高い給料で生活してきた人ほど、将来受け取る額も多くなるわけです。

 

このような仕組みであるために、厚生年金保険の計算方法は、国民年金に比べて複雑になっています。

 

ただし、年金の給付を受けることができる保険事故については、国民年金と同様で、老齢・障害・死亡となっています。

 

(「厚生年金保険法とは?」の記事 終わり )