健康保険法とは?

健康保険法とは?

◆ 健康保険法とは、会社などに使用されている人に適用される制度です。

 

◆ 健康保険法は、政府が管掌している健康保険制度について定めた法律です。

 

健康保険制度では、個人の医療費の7割を健康保険が負担しています。そして、残りの3割を自己負担で払うことになります。

 

◆ 健康保険法が定めるところでは、労働者(被保険者)やその扶養家族が、仕事以外の事由で疾病、負傷もしくは死亡又は出産した時に、必要な給付を行い、生活の安定と福祉の向上を図ることになっています。

 

仕事(業務)で病気やケガになった場合は、労働者災害補償保険(労災保険)から給付されます。

 

(「健康保険法とは?」の記事 終わり )